お金

【体験談】借金は最悪踏み倒せばいい(でも弁護士に相談が一番)

初めましての方も、

いつも読んでくださっている方も

こんにちは。ヒロタコです。

 

2019年11月、借金400万を完済しました。

以前の記事に少し書きましたが

【失敗談】借金400万を返済した話(相談しにくくて辛かった)初めましての方も、 いつも読んでくださっている方も こんにちは。ヒロタコです。 2019年11月、借金400万...

ヒロタコが借金返済について弁護士に相談した

内容を詳しく書きたいと思います。

この記事をザックリいうと

債務整理には種類がある

借金は最悪踏み倒せばいい

金融専門の弁護士に相談がおすすめ

債務整理には種類がある

借金が、どうしても返せない場合は

「債務整理」といって

借金を減額したり、支払い期間に

猶予を持たせたりすることによって、

借金のある生活から解放されるための

手続きを行います。

 

債務整理には、大きく以下の3つの種類があります。

・任意整理

・民事再生(個人再生)

・自己破産

任意整理とは

裁判手続きによらず、話し合いによって

解決を図ります。

利息制限法に基づき借金の減額や

金利の引き直しなどを交渉することで

毎月の返済額を減額して3~5年程度の期間で、

生活に支障のない範囲での返済を

行えるようにする債務整理の手続きです。

 

メリット

・高い利息で借りていた場合に債務額が減額されます。

・整理することで将来への不安が軽減されます。

デメリット

・信用情報機関(CIC、JICC、全銀協)に

5~10年登録され、その間、

新たな借り入れができなくなります。

(いわゆるブラックリスト入り)

民事再生(個人再生)とは

裁判所に申立てを行います。

現在の借金が返済困難であることを

認めてもらい、民事再生法で

定められた割合で借金を減額し

減額された借金を原則3年をかけて

分割で返済していく手続きです。

 

メリット

・条件はあるが住宅ローン特例により、自宅を残せる。

・貸金業者からの督促が止まります。

デメリット

・官報に、手続き内容や、名前、住所が掲載される。

(勤め先が官報を常にチェックしている会社でない限り

一般の人が見ることはまずないです)

・信用情報機関(CIC、JICC、全銀協)に

5~10年登録され、その間、

新たな借り入れができなくなります。

(いわゆるブラックリスト入り)

学びその1:住宅ローン特例により、自宅を残せるケースがある

自己破産とは

裁判所に申立てを行います。

財産がないために支払いができないことを

裁判所に認めてもらうことにより

法律上、支払義務が免除されます。

 

住宅や車など、高価な財産は

手放さなければいけませんが、今後の

収入は生活費にあてることができます。

 

メリット

・税金等の一部の借金を除き、

すべての借金を支払わなくてよくなります。

・一定の財産は手元に残すことができます。

(99万円以下の現金や20万円以下の預貯金など)

デメリット

・財産を処分する必要があります。

(高額な現金、家、自動車など)

・信用情報機関(CIC、JICC、全銀協)に

5~10年登録され、その間、

クレジットカードの作成や

新たな借り入れができなくなります。

(いわゆるブラックリスト入り)

借金は最悪踏み倒せばいい

これはお金の借り逃げを

推奨しているわけではありません。

もちろん、借りたお金は返さなければ

なりませんが、どうしても返せない場合、

法的な救済策に頼ればいいと思います。

 

保証人になった借金を返せないために死を選ぶとか

カードレールに車をぶつけて、修理代が払えないため

風俗で働くとか、人生を失ってまで

変にまじめに返済しなくていいです。

学びその2:人生を失うぐらいなら、借金は踏み倒せばいい

上記のとおり、借金を返せなくても

10年ほど、クレジットカード作成や新たな借入れが

できなくなる程度です。

どうしても借金返済に困ったら

法的な救済策を検討にいれましょう。

金融専門の弁護士に相談がおすすめ

借金返済の法的な救済策を検討するにあたっては

弁護士さんに頼るのがおすすめです。

お医者さんみたいに、小児科、外科などと分かれて

いるわけではありませんが

弁護士さんには、それぞれ得意分野があります。

医療系、金融系、交通事故系、などなど。

その分野をよく取り扱っているため

経験が豊富です。必要な知識や対応を

スムーズに求めることができます。

学びその3:債務整理については弁護士に相談しよう

実際にヒロタコも弁護士に相談し

知識を授けてもらったことで

心が軽くなりました。

特に、最悪個人再生をしても、自宅は残せるケース

を知れたことなどは、本当に相談してよかったです。

まとめ

債務整理には種類がある!

借金は最悪踏み倒せばいい!

金融専門の弁護士に相談がおすすめ!

 

→そりでは。また次の記事で。

ABOUT ME
かいたひと
かいたひと
ヒロタコです。たくさんの失敗経験から得た学びを記事にしていきます。